二日酔い 頭痛 治す

二日酔いが原因の頭痛と吐き気の対処方法を紹介!!

みなさんは二日酔いで困ったことはありませんか?
二日酔いになると「頭痛」「吐き気」で体調が悪くなりますよね。

 

体内に取り込んだアルコールをスムーズに分解することが二日酔いにならないための重要なポイントです。

二日酔いになる原因

二日酔いになる原因は、2つあります。

 

  • アルコール成分
  • 脱水症状

 

アルコール成分は体内でアセトアルデヒドっと呼ばれる成分になります。

 

このアセトアルデヒドは毒性が強いのが特徴的で、お酒を多く飲み分解しきれないと頭痛や吐き気の原因になります。

 

また、お酒は利尿作用がありトイレの回数が増え水分を取らないと脱水症状になり頭痛やだるさがおきます。

 

この他にも、糖分不足が原因の症状(筋肉痛)や胃もたれの原因である胃酸過多になる方もいます。

 

二日酔いの解消方法

二日酔いの解消方法は、水分をたっぷりと摂ることが重要です。
水分も水より、体内に素早く浸透するスポーツドリンクがおすすめです。

 

スポーツドリンクは、ビタミンや糖分が含まれているので、アルコール分解で不足した栄養素を補うことが可能だからです。

 

そして、次に重要なのが寝ることです。

 

なぜなら、アルコールを分解する臓器である肝臓は寝ているときの方が、しっかりと働くからです。

 

この他にも二日酔にいいとされている食品や対策方法もあります。

 

  • ジュース(野菜、果物)
  • ハチミツ
  • 生姜
  • しじみ汁
  • コーヒー
  • ツボ
  • 薬(頭痛薬、吐き気用)

 

などありますが、症状によって効果がないもの、もしくは、逆に体に悪影響になるものもあります。

 

とくにコーヒーには利尿作用があり、脱水している体にとってよくありません。

二日酔いにならないために予防をしよう。

二日酔いにならないためには、自分の適性の量を守ることですが
なかなか守ることは難しいですよね。。。

 

他には、、、

 

  • お酒と水を交互に飲む
  • 締めにしじみ汁を飲む

 

などもあります。

 

さらに、完璧に二日酔いの予防をするためには、肝機能を高める「ウコン」をお酒を飲む前に飲むといいでしょう。

 

ウコンには、クルクミンっと呼ばれる成分が豊富に配合され肝機能を高める効果があります。

 

ただし注意点があります。

 

それは、食品からウコンを摂取すると吸収率が悪くクルクミンの効果が期待できません。

 

ウコンに含まれるクルクミンを効率よく摂取したい場合は、サプリメントやドリンクから摂取しましょう。

 

コンビニでドリンクタイプのウコンの力がありますよね。

 

ウコンの力は、手軽に購入できますがサプリメントと比較すると、値段が高く持ち運びするのみ適していません。

 

もし、あなたが頻繁に飲み会があり二日酔い対策でウコンの効果を必要なら、、、

 

サプリメントのほうが安く持ち運びも楽なのでおすすめです。

サプリメントを購入するときの条件
  • 1日当たりの価格が安い
  • クルクミンの配合量が安い
  • 特典がある

これらをもとに当サイトでランキングにしました!!

 

ちなみにウコンの力は1本205円※1クルクミンの配合量 30mgです。

 

※1 販売会社では60本入り12312円(税込み)で販売していたのでこれをもとに12312円÷60本=205円に1本あたりの価格を計算しました。

 

二日酔いの原因〜アデノシンとアセトアルデヒド、低血糖症、胃酸過多

具体的に身体の中でどんなことが起こっているのでしょうか?
今回は二日酔いの具体的な原因についてご紹介して行きましょう。

 

二日酔いの原因 脱水症状

お酒を飲んでいるとトイレが近くなる、そんな経験をお持ちの方も多い事でしょう。

 

また、お酒を飲んだ翌日は異常に喉が渇くことありますよね。

 

二日酔いを引き起こす原因の中で最も多いとされるのがこの「脱水症状」が引き起こすものなのです。

 

これはアルコール自体が利尿作用を持っているからです。
実際ビール500ml飲むと、身体からは倍の1リットルもの水分が失われるます。

 

そしてこれらの脱水症状によって引き起こされるのが、、、

 

  • 頭痛
  • だるさ
  • 食欲の無さ
  • 吐き気

 

といった症状なのです。

 

二日酔いの原因〜アデノシンとアセトアルデヒド

ちょっと聞きなれない用語ですが、2つ目は「アデノシン」です。

 

アルコールをはじめとした日本酒に多く含まれる「アデノシン」は血管を広げる働きがあります。

 

つまり、体内に多く取り込み過ぎると血管が炎症を起こしてしまい、ズキズキ・ドクドクといった二日酔い特有の頭痛を引き起こしてしまうのです。

 

続いての原因となる物質は「アセトアルデヒド」です。
「アセトアルデヒド」は、アルコールが肝臓で分解される時に発生する物質です。

 

この「アセトアルデヒド」は、毒性が強い物質でその強さはなんとアルコールの10倍以上とも言われています。

 

日本人はアルコールを分解した後も体内に「アセトアルデヒド」が残りやすい体質を持っている為、頭痛・身体のだるさ・吐き気などを引き起こしてしまいます。

 

二日酔いの原因〜低血糖症

アルコールを取ると糖分が増えそうなイメージがあるのですが実は逆なのです。

 

私たちがアルコールを摂取すると、肝臓はそれを分解することを最優先とし、糖分を貯蔵すると言う働きをストップするのです。

 

肝臓に貯蔵されている身体の必要な糖分は、どんなに多くても8時間分です。

 

その為、糖分不足が起こり、頭痛や筋肉痛、身体のだるさという二日酔いが引き起こされるのです。

 

二日酔いの原因〜胃酸過多

最後にご紹介する二日酔いの原因は、胃酸の分泌が過剰になることです。

 

これはアルコールが胃酸の分泌を促進する効果があるからです。

 

食前酒として少量のお酒は有効ですが、多く飲み過ぎると、吐き気や下痢、食欲の無さという二日酔いの症状に繋がってしまうのです。

 

二日酔いがもたらされるには、アルコールが私たちの身体にもたらす様々な働きが影響しています。

 

アルコールは身体に悪いものではありません。

 

ですが、過剰に取ることで二日酔いを引き起こすだけでなく、身体自体に不調を引き起こすので注意が必要です。